カサカサつらいかゆみに!

乾燥肌向け
高保湿のおすすめ入浴剤

生薬のめぐり湯

「生薬のめぐり湯」は、自然の生薬と温泉成分で作られた無添加入浴剤です。
肌の乾燥・カサカサ感が気になるだけでなく、冷え性やむくみや肩こり、肌荒れなど30代以上の女性に体の多い悩みを改善するように作られた入浴剤なんです。

生薬のめぐり湯

紅花、生姜など5種類の無添加生薬で血行を促進するので、湯上りがポカポカになるだけでなく、肩こり解消、便秘解消、代謝アップなど女性に嬉しい効果があります。温泉成分により湯質がアルカリ性になり、より生薬の効果がアップするそうです。
乾燥対策としては、人の皮脂成分と構造が同じ「ホホバオイル」が配合されているので、肌馴染み良く保湿してくれます。
40度より高いお湯で入浴すると皮脂が取れやすくなってしまうので38〜40度くらいで入浴すると良いそうですよ。
敏感肌の女性の口コミでは、「入浴中・入浴後も肌が乾燥せず痒くなることもありませんでした。」とのこと。女性にお勧めしたいのが「生薬のめぐり湯」なのです。1回ずつパックになっていて保管にも便利です。

『生薬のめぐり湯』の特徴

おすすめ成分
5種類の生薬、ホホバオイ
効果
肌の乾燥、冷え、むくみ、肩こり、疲れ、にきび、肌あれ、便秘解消、血行促進、代謝アップ
体への優しさ
無添加で肌に優しい
価格
1,620円(30g×15包)今なら30日間全額返金保障・送料無料
メーカー
松田医薬品

生薬のめぐり湯の購入はこちら

生薬のめぐり湯の効果効能

生薬のめぐり湯は選び抜かれた5種類の生薬と、温泉成分が配合された医薬部外品の入浴剤です。
高い温浴効果で気持ちがリラックスし、湯上りもポカポカと暖かさが持続します。満足度97%と、リピーターの方も多いようです。

生薬のめぐり湯

生薬のめぐり湯の効果効能は、

  • 疲労回復
  • 冷え症
  • 肩こり・腰痛・神経痛・リウマチ・痔
  • しっしん・にきび・あせも
  • うちみ・くじき
  • ひび・あかぎれ・荒れ性・しもやけ

とのこと。

では、カサカサ肌には効くの?
ということで、実際に試してみました。

生薬のめぐり湯を体験

生薬のめぐり湯を通販してみました。一袋に15包入りなので、約半月分ですね。
初回はハーブ石鹸付きで1,620円で購入できます。

生薬のめぐり湯

一袋は思っていたよりも大きくて重い。
アルミパウチに入っているので、お風呂場近くにおいておいても大丈夫そうです。

生薬のめぐり湯

入浴剤は1つ1つ袋に入っています。
ちょうど麦茶のパックのようですね。粉々になった生薬がぎっしり入っています。
このままでも生薬の強い香りがします。とても効きそうな感じがします。

生薬のめぐり湯

このままお風呂にぽんと入れます。
モミモミしながら生薬成分をお湯の中に揉み出していきます。
色がなくなるまで揉み出します。

生薬のめぐり湯
生薬のめぐり湯

お湯の色が茶色っぽく濁ってきました。すごい勢いで生薬が溶け出します。
生薬の成分が出やすいような刻み方をされているそうです。

生薬のめぐり湯

色味はかなり渋いです。(※実際は写真よりもっと渋い茶色っぽい色味になります)
バブなどのカラフルな入浴剤に慣れている人はびっくりするかもしれません。
家族もちょっとびっくりしていました。
着色料は入っていないので、生薬の自然な色なんでしょうね。
派手な色の入浴剤より、私は自然な色味で好きです。

生薬のめぐり湯

では入浴してみます。

お湯質

お湯質は少しトロッとした感じでまろやかです。
傷口やあかぎれ、敏感になったカサカサ肌にもしみることはありませんでした。
「生薬のめぐり湯」に含まれる「艾葉(がいよう)=よもぎ」には、美肌効果があり、肌荒れや湿疹を解消するそうです。鎮痛・収れん・止血作用もあり、腹痛、腰痛にも用いられるそうです。確かに子供の頃、怪我をしたらヨモギを潰して塗ったりしていましたよね。

お湯の香り

生薬の香りは、お湯に入ってしまうとそれほど強くは感じませんでした。
ほんのり香ってとてもリラックスできます。
深呼吸したくなる香りです。

少し薬っぽい香りなので、もしかしたら苦手な方もいるかもしれません。

「生薬のめぐり湯」には「大茴香(だいういきょう)=八角(スターアニス)」が配合されています。大茴香には精神安定効果があるそうです。
八角は中華料理に入っていて、苦手な人も多いと思いますが、それほど強く香ってはきませんでした。便秘解消や利尿作用もあるのでむくみにも良さそうです。

入浴した感じ

40度くらいのぬるめのお湯に20分ほど浸かります。
すると、体がすごく温まってきます。いつもより発汗がすごい!
これが生薬の効果なのでしょうか。

「生薬のめぐり湯」には血行をよくする「紅花(こうか)」や巡る力を高める「生姜」、発汗を促す「唐辛子」が含まれるので、ただお湯に浸かるよりも血の巡りが良くなり、体の中からじわじわ温まってきます。

「生薬のめぐり湯」には炭酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムなども温泉成分も配合されています。
温泉成分のおかげで生薬をより濃く抽出できるそうです。

生薬のめぐり湯

さらに、温泉成分はアルカリ性なので、洗浄力が高く、硬くなった角質をやわらかくする成分とタンパク質を分解しやすくする成分を配合しているため、毛穴に詰まった皮脂や汚れ、古い角質などを綺麗に取り除き美肌に導きます。

生薬のめぐり湯

お湯に浸かるだけで体の汚れが落ちるので、ゴシゴシとこすり洗いをしなくても良いんです。

湯上りの感じ

湯上りは、しっとりしたお肌になります。これはホホバオイルが配合されているからでしょう。
ホホバオイルの主成分ワックスエステルは人の皮脂と同じ分子構造をしているので、肌に馴染みやすいのが特徴です。
入浴後、保湿クリームを塗らずに様子をみてみましたが、カサカサ痒くなることはありませんでした。

普段使う炭酸系入浴剤は、入浴後にそのままにしておくと肌が白っぽくカサカサしてくるのですが、「生薬のめぐり湯」はそんなことありませんでした。

温泉の後のように、すごくしっとりするわけではないので、クリームやボディローションで保湿してあげるとさらに良いと思います。

まとめ

入浴後の一番の驚きはポカポカと暖かい時間が長続きすること。普段はすぐに体が冷えてきてしまうのですが、「生薬のめぐり湯」を使うと体の中が温まっている感じがして、寝るまでポカポカでした。 家族も「すごいあったまるね」と驚いていました。

「生薬のめぐり湯」は保湿効果がすごく高いという感じはしませんでしたが、血行がとても良くなるので、冷え性の方やむくみがちな人にとても良いと思います。

肌の潤いに即効性があるわけではないですが、毎日続けて血行を良くすることで、皮膚を作る栄養素や肌のターンオーバーを促す栄養素が体の隅々までいきわたり、健康的な肌、みずみずしい肌が生まれやすくなります。

根本的に乾燥肌を改善したい人は、血行も良くするように心がけましょう。
入浴によるリラックス効果も血行促進に繋がります。

生薬のめぐり湯の特徴

人はもともと体を本来の状態に戻す力が備わっています。
しかし、日々のダメージでその機能が失われがちに。
生薬のめぐり湯は「巡・鎮・温」を同時に高め、体内リズムを整え、自らケアするチカラを取り戻します。

生薬のめぐり湯

「巡」は体の巡り。巡りを良くすることで、様々な滞りをリセットし、バランスを取り戻します。
「鎮」は心身ともに鎮まること。生薬は、体の休息モードである副交感神経の働きを高め、心も体もリラックスさせます。
「温」は体の芯まで温めること。質の良い睡眠へ導きます。

入浴って疲れをとるくらいの効果かなと思っていましたが、実はもっと深い効果があるんですね。生薬のめぐり湯の生薬は「巡・鎮・温」を考えられて作られています。
体が滞ってるな、休めてないな、冷え切っているな、、そんな人におすすめの入浴剤です。

生薬のめぐり湯に含まれる生薬生薬のめぐり湯の特徴

生薬とは、植物や動物、鉱物などの天然産物由来の薬物です。
生薬のめぐり湯には5つの厳選された生薬が含まれています。

紅花(コウカ)

女性の不調を解消する生薬です。月経不調、婦人病、冷え性、更年期障害など血行障害に用いられ、血行循環を良くし、痛みを和らげます。

生薬のめぐり湯

生姜(ショウキョウ)

ショウキョウは生しょうがを乾燥させたもの。体を温め、胃の機能を助けます。加齢による女性特有の揺らぎを緩和します。

生薬のめぐり湯

唐辛子

おなじみ唐辛子の主成分はカプサイシン。発汗や血行促進効果があります。鎮痛効果も高く、神経痛や筋肉痛にも使用されます。そのままではピリピリするので、ホホバオイルに漬け込んで使用しているそうです。

生薬のめぐり湯

艾葉(ガイヨウ)

艾葉はよもぎの生薬名。艾葉に含まれるシオネールには血流を良くする働きがあり、肌リズムの正常化は促進されるため美肌効果も期待されます。
イライラを解消し、心を落ち着ける効果もあります。

生薬のめぐり湯

大茴香(ダイウイキョウ)

大茴香は八角の生薬名。香辛料として使われるイメージですが、石鹸やコスメにも使用されています。アネトール、メチル化ビコール、リモネンなどを含んでおり、血行の促進や利尿作用、便秘の解消、精神安定効果があります。

生薬のめぐり湯

生薬のめぐり湯の効果的な入浴方法

おすすめの入浴タイミング

生薬のめぐり湯

入浴のタイミングで体への効果も変わってくるそうです。
開発者の松田医薬品の岡崎氏によると、おすすめの入浴タイミングは「夕食前」。
一日の疲れが溜まっていて、空腹時がベストなんだとか。
リンパの流れを良くすると、新陳代謝が高まるのですが、満腹時だとこの流れが滞ってしまうんです。
リンパが一番集まっているのは腸ですが、空腹時に入浴することで、腸の動きがより活発になります。
腸内環境は今注目されていますが、入浴でも腸の働きを良くすることができるんですね。

入浴の温度

松田医薬品の研究によると、

  • ぬるめの38〜40度のお湯
  • 最低でも20分、肩まで浸かる

熱いお湯に入ると肌に必要な油分までお湯に溶け出してしまい、乾燥肌の原因になります。
また急激に体を温めると、血圧が急上昇し危険です。この事故で毎年15000人もの方が命を落としているとの報告もあります。

38度という湯温は、ちょっとぬるいと感じられますが、リンパの流れを良くするのに最適な温度。血液が末端まで栄養を運ぶことで、肌の新陳代謝が加速すると考えられています。
肌の新陳代謝は年とともに低下していくので、40歳以降の方は特に38度の温度をおすすめします。

生薬のめぐり湯

生薬のめぐり湯は体を温める成分がたっぷりなので、私の場合はぬるめのお湯でないと20分入っていられません。40度だと熱くて10分くらいしか入れませんでした。。
低温での入浴は神経を休めストレスを取り除くそうです。

また、松田医薬品では半身浴でなく、肩まで浸かることをおすすめしています。 体に水圧がかかることで、巡りを良くしてくれるそうですよ。

入浴中のマッサージもおすすめです。お湯に浸かりながら軽くマッサージす流だけで、コリをほぐし、疲労回復・血行促進に効果的です。
生薬の香りに包まれながらマッサージすると、まるでエステサロンに来ている様な気分に!
私は足のむくみがひどいので、足のマッサージをしています。

生薬のめぐり湯

マッサージ方法は「生薬のめぐり湯」公式サイトでもいろいろ紹介されていて参考になります!

>「生薬のめぐり湯」公式サイト

生薬のめぐり湯で入浴するときはこの入浴方法を試してみましょう。

生薬のめぐり湯を通販するには

生薬のめぐり湯

生薬のめぐり湯は楽天やamazonでは取り扱いがないので、公式サイトからの通販になります。

価格をまとめました。

【生薬のめぐり湯1袋(30g×15包)】

定期コース 初回お試し1,620円(税込)
2回目以降2,754円(税込)
単品購入 3,240円(税込)
2袋セット購入 5,638円(税込)

定期コースだとお得な特典付きです!

  • 送料無料
  • 30日間全額返金保証付き
  • 後払い手数料無料
  • ハーブ石鹸「ビューティホワイト」ミニサンプル付き
生薬のめぐり湯

▲「ビューティホワイト」ミニサンプル

>「生薬のめぐり湯」公式サイト

生薬のめぐり湯は安全なの?

生薬のめぐり湯はGMP認定の自社工場で作られています。
原料については、薬効成分が豊富で質の良いものだけを見極め、様々な産地から状態の良いものだけを使用しているそうです。

生薬のめぐり湯

赤ちゃんでも入れる?

3ヶ月以下の赤ちゃんはご注意ください。3ヶ月以上でも、肌のバリア機能が低いので38度で5分からの使用をおすすめします。

肌が弱い人でも大丈夫?

大丈夫です。肌が弱い人にはぬるめのお湯がおすすめです。合成界面活性剤は使っていませんが、もし肌に異常が現れた場合は使用を中止し、医師へ相談しましょう。

残り湯は洗濯に使える?

生薬を使用しているので、色移りの心配があるため、洗濯には使えません。

生薬のめぐり湯の口コミ

女性の口コミ

たっぷりと汗をかき、すっきりとした気持ちになります。入浴後も暖かさがずっと持続するので冬でも冷え知らず。肩こりや腰痛が良くなりました。 ぐっすりと眠れ、翌朝のお肌の調子もバッチリです。(29歳女性)

女性の口コミ

もともと敏感肌で市販の入浴剤では痒くなってしまうことも。生薬のめぐり湯は入浴中・入浴後も乾燥せず痒くなりませんでした。(38歳女性)

女性の口コミ

若い頃から冷え性で30代になってからは肩こりにも悩まされていました。生薬のめぐり湯は以前よりも冷えを感じなくなり、肩こりの痛みからも解放されました。(44歳女性)

生薬のめぐり湯の購入はこちら

>>その他の高保湿の入浴剤はこちら